SyntaxHighlighter

---SyntaxHighlighter ウィジェット---

2016年9月15日木曜日

ボクのかんがえたさいきょうのFlashAir拡張ボード

ボクのかんがえたさいきょうのFlashAir拡張ボード。
検討だけ。

・ボード上にはMCUが乗っており、共有メモリを使ってFlashAirと通信する

・共有メモリ上には固定の領域を設けておく。
 デジタル入力(8本?)
 デジタル出力(8本?)
 A/D入力(10bit?5本?)
 PWM出力(サーボ用)(5本?)
 LCD(I2Cでもなんでもいいので適当に)
 UART(つける?)

・一定周期で更新。
 出力は、サイクルごとにメモリを読みだし、に書き込まれた情報通りに出力。
 A/Dや入力も、サイクルごとに行う。
 LCDは、共有メモリ上の更新フラグが立った時、LCDに書き込む感じ。

・MCUはAVRかそこらで実装する。
・MCUの書き換えは想定しない。

・空き領域を使って、特殊コマンドを発行していろいろ出来ると楽しそう?

利点
・共有メモリなので、FlashAir上のLuaや、ブラウザのjavascriptの両方から操作可能。
・入出力が少なく、種類もないFlashAirの欠点をカバーできる
・一般的な5VのI/Oが利用できる
・Wi-Fiを活かせる
・FlashAir側からすれば単に共有メモリへの読み書きであり、プログラムがシンプル
・MCU側で好きなようにできるため、機能の拡張がしやすい

欠点
・共有メモリを扱う都合上、遅い。8MHzで通信しても、書き込み・読み出し合計3ms掛かる。
 いろいろ考えると、200Hzで更新できればいいほうか。
・汎用マイコンでいい気もしないでもない。
・せっかくのPIOやSPI機能を活かせない
・I2CのIOポートエキスパンダーのほうが安価では?
iSDIOとしての通信になるため、SDカードライセンスの問題が出てくる


ライセンスさえ問題なければ、個人で作って売れそうな気もしないでもない。

SDカード対応と謳わなければよいのか?
ArduinoとSDカードシールドなんかのライセンスはどうなってるんだ?
プログラムが入っていなければ問題ないのか?

Airioなんかは、あれはSDカードとしての動作ではないから引っかからないのか?

0 件のコメント:

コメントを投稿