SyntaxHighlighter

---SyntaxHighlighter ウィジェット---

2015年1月31日土曜日

ネットに繋がっておらずwi-fiも利用できない、iTunesやテザリングドライバも入っていないPCに、Zipファイルをダウンロードする方法。

ネットに繋がっておらずwi-fiも利用できない、iTunesやテザリングドライバも入っていないPCに、Zipファイルをダウンロードする方法。

・Android
1.ブラウザでファイルをダウンロードする
2.USBケーブルでつなぐ
3.マスストレージモードで認識させる
4.ファイルを取り出す

iPhone
1.ブラウザでファイルのあるところまで行く
2.ブラウザではダウンロードが出来ないので、ファイルのURLをコピーする
3.GoodReaderを開き、URLからダウンロードする
4.Open in... で、iStickアプリにコピーする
5.iStickをiPhoneにつなぐ
6.iStickアプリからiStickにコピーする
7.iStickを取り外す
8.iStickをPCに繋ぎ、ファイルを取り出す

手間もオプションもかかるけど、出来なくは無い。

※0 どんな状況だよ: 未だに動いてるWinXP(LANから遮断されている)にツールを入れるときとか。

※1 iStick : LightningとUSBの両端子がついたUSBメモリ。専用アプリからファイルの読み書きができる。
  IO-DATAとPQIから出ているが、両方同じものの輸入品。個人的にはIO-DATAがオススメ。
  今度、SanDiskからiXpandフラッシュドライブ似たようなものが出るようだ。
  アプリの出来を見るに、SanDiskのそっちの方がオススメっぽい。

※2 iPhoneは、ドライバ無しでUSBにつないでも写真は取り込める。写真しか取り込めない。
   カメラコミュニケーションキットという、USBやSDカードが読み書きできそうなアダプタも公式にあるが
   それも写真の取り込みしか対応していない。
   (非公式に、キーボードやUSB-MIDI、USB-DACなんか繋がったりするが。)

※3 GoodReaderはWi-Fiファイル共有機能や、USB転送機能があるので、ドライバか、iTunesか
   もしくはネットなしでもWi-Fi接続ができればファイルは送り込める。
   でも、それならテザリングでネットに繋いだほうが早い。

結論。
Androidは簡単便利。
iPhoneは色々面倒だが、オプション等組み合わせればできなくはない。

2015年1月4日日曜日

ExplorerKiller

Windows8.1にしてから、Explorerがものすごい勢いでバグる。

どうバグるかというと、
・タスクバーが操作できなくなる
・壁紙が黒になる
・アイコンが重複表示され始める(しかもカーソル合わせる度に変化する)
・Metroに行ったらオシマイ。タイルはクリックすると消え起動せず、デスクトップにも戻れず、
 タスクマネージャも起動しない。(おそらく動いてはいるが常に手前に表示していないが故に
 前面に出てこない)Ctrl+Alt+Deleteは効くが、サインアウトしかない
 追記: このツールで脱出に成功した!ただし、Metroで終了すると復帰後もMetroに戻る。
     一旦デスクトップに戻ってからMetroに移行するので、再度ハングしたかと勘違いしやすい

もう嫌気が差したので、LinuxでXWindowをCtrl+Alt+BackSpaceで強制終了できるように
同じくできないかと考え、作りました。

お悩みの方はどうぞ。
おまけで、任意のバッチファイルを起動する機能もつけてあります。
そっちは、PCのスリープ解除時に無線LANに接続できない不具合があるので、その対策につけたものです。

こちらからどうぞ
https://sites.google.com/site/gpsnmeajp/tools/e